有機コーヒー・特徴

森のコーヒー

定義

まず有機コーヒーとは?
についてなんですが、

有機コーヒーの定義

有機コーヒーとは、

 

3年以上にわたって農薬や化学肥料、除草剤を一切使用していない土地で栽培されている豆で、
且つJAS有機認定コーヒー(日本農林水産省登録認定機関を得た認証コーヒー)
を受けたコーヒーの事をさします。

コーヒー豆

 

ある意味有機野菜と殆ど同じ定義だと言う事がわかりますね。

 

ちなみに有機コーヒー生産者の第一人者である「ジョン・ネット氏」
彼の持論である、

自然を大切にしながら自然の恵みを最大限に活かし自然のうちにおいしいコーヒーを生み出す。それが私の目指す理想のコーヒー

この言葉通り彼のコーヒー農園では、自然の本来あるべき状態でコーヒーの木を育てている為に、
木の剪定を一切おこないません。

 

当然コーヒー豆の木は天高くのびてうっそうとしたジャングル「コーヒーの森」のようになっています。
(コーヒー農園を見慣れた方にとっては彼の農園を見ると驚かれる方も多いようです。)

 

さらにコーヒーの木の葉は地面に体積されて自然の堆肥となる為に、
化学肥料や農薬を一切必要とされません。

 

まさに彼の持論通りの自然農法でコーヒーを作っているのです。

 

そんな無農薬で有機コーヒーを生産している農家から買い付けて日本で販売しているのが、
銀座老舗喫茶店カフェーパウリスタの「森のコーヒー」なのです。

 

安心・安全でおいしいと評判の有機コーヒー「森のコーヒー」を貴方も一度飲んでみませんか?
今ならお試し980円(税込)送料無料です。
森のコーヒー

 

 

矢印無農薬栽培の貴重な豆だけを使用 【森のコーヒー】お試しセット購入はこちら