コーヒー料理・活用方法

コーヒーを使った料理の活用方法

コーヒーは飲むだけでなく、様々な料理に隠し味的に使用する事で、味がより一層引き立ち料理そのものが美味しくなります。
様々なコーヒーを使った料理の活用方法を以下にご紹介致します。

 

デザート

 

コーヒーゼリーやシフォンケーキ。さらにコーヒームースやプリンなど、
デザートに使用する事で、より大人の味のするコーヒーデザートが完成します。

 

またホットケーキミックスに溶かしたコーヒーを入れて焼いたり揚げたりする事で、
コーヒー風味のホットケーキや、ドーナッツをあなたは楽しむ事が出来ますよ。

 

煮物料理

 

煮物料理にもコーヒーは隠し味的に使用する事が出来ます。

 

インスタントコーヒーの溶ける粉・ドリップ用の粉・液体のコーヒーのいずれかを、
カレー/ハヤシライス/シチュー/デミグラスソース/グラタンソースを作る時に入れる事で、
コクのある一風変わった味のするコーヒーの煮物料理を、あなたは堪能する事が出来ます。

 

またスパゲッティのミートソースにも、コーヒーを加える事で、トマトソースの味がより引き立つようにもなります。

 

肉料理

 

豚肉や牛肉を焼く時に、溶いたコーヒーをかけて焼くと味がしまります。
さらに、スペアリブや豚の角煮を作る時にコーヒーの粉を入れて一緒に煮込むと、よりまろやかな味に仕上がります。

 

ドレッシング

 

コーヒーの粉に、オリーブオイル・マヨネーズ・酢(レモン汁)・水を加えて混ぜれば、
大人風味の苦味が効いたコーヒードレッシングの完成です。
肉料理や生野菜にかけて食べてみてはいかがでしょうか?

 

お酒

 

コーヒー豆と氷砂糖とホワイトリカーを、熱湯消毒をして乾燥させたガラスの容器に入れて、
2週間ほど寝かして豆を取り出せば、コーヒーリキュールの完成です。

 

出来上がったコーヒーリキュールを、牛乳で割ってカルアミルク風にしたり、デザートやコーヒーに入れたりしてあなたは楽しむ事が出来ます。

 

 

>>有名バリスタが厳選した4種のお試しスペシャルティコーヒー!送料無料