ブラジルコーヒー・味・風味

森のコーヒー

ブラジルコーヒーの味や風味について

ブラジルコーヒーの味や風味は,

苦味・苦味・コク全てがマイルドなバランスで、非常に飲みやすいのが特徴的です。
よってブレンドコーヒーによく利用されます。

ブラジルコーヒーの約7割がアラビカ種です。残り3割がロブスタ種です。

 

ブラジルコーヒーの2013年度の生産高は統計で約296万トン。
世界第1位のコーヒーの生産量を誇ります。(世界の約3割の生産高をしめています。)

 

ブラジルコーヒーの歴史は1727年にパラー州でフランスから持ち込まれたコーヒーの種をもとに栽培が始まりました。
(当時は奴隷制度によって19世紀前半には約150万人にも及ぶ奴隷がブラジルのコーヒー農園で働かされていました。)
1850年に奴隷制度が廃止された後は、ブラジル政府はヨーロッパや日本から移民を募り、
多くの移民たちがコーヒー栽培に従事する為にブラジルに渡りました。

 

特にブラジルで栽培されたコーヒー豆の一大集積港である「サントス」では、
サントスから世界へブラジルのコーヒー豆が輸出されている事から「サントスコーヒー」と呼ばれています。

 

現在ブラジルでは約350万人がコーヒー栽培に従事しています。
(コーヒー関連の従事者を含めれば約700万人にも及びます。)

 

またブラジルのコーヒーの栽培が盛んな地域は、「サンパウロ州」「ミナスジェライス州」「パラナ州」です。
これらの地域で6月〜9月に収穫されたブラジルコーヒーがサントス港を経由して全世界へ輸出されて行きます。

 

 

ブラジルコーヒー 評価
香り
酸味
渋み
コク
人気度