マンデリンコーヒー・味・風味

森のコーヒー

マンデリンコーヒーの味や風味について

マンデリンコーヒーの味や風味について

マンデリンコーヒーの味や風味は、
芳醇な香りで酸味が少ない代わりに苦味とコクが非常に強い特徴のあるコーヒーです。
よってブラックやブレンドコーヒーとして飲む場合は、甘いお菓子やケーキと一緒に味わうのがおすすめです。

 

マンデリンコーヒーは日本人にとっては馴染の薄いコーヒーです。
生産地はインドネシアのスマトラ島です。島の中にマンデリンと呼ばれる地域があるのではなく、
インドネシアの原住民マンデリン族が栽培を始めた事に由来しています。

 

インドネシア自体のコーヒーの生産量は世界第3位を誇ります。
その殆どのコーヒーの種類はロブスタ種です。
その中で唯一アラビカ種のコーヒーがこの「マンデリンコーヒー」と、同じくインドネシアのスラウェシ島で栽培されている「トラジャコーヒー」です。

 

よってインドネシアでも生産量が非常に少なく希少価値も高く品質も認められているので、世界のコーヒー豆の中でも最も高級銘柄の1つになっています。

 

インドネシアのコーヒーの栽培が始まったのは17世紀末の1696年です。
当時インドネシアを支配していたオランダ軍が、アラビカ種をジャワ島に持ち込んだのが始まりです。
しかしその後1908年に「さび病」の被害によってアラビカ種のコーヒーが壊滅的な被害を受けます。
それを契機にさび病に強いロブスタ種に植え替えられました。
その時にかろうじて生き残ったのがスマトラ島のアラビカ種のマンデリンコーヒーだったと言う訳です。

 

現在マンデリンコーヒーは島の北部「リントン・ニ・フタ地区」やトバ湖の湖畔「マンデリン・トバコ地区」で有機栽培によるコーヒー栽培が行われています。

 

マンデリンコーヒー 評価
香り
酸味
渋み
コク
人気度