トラジャコーヒー・味・風味

森のコーヒー

トラジャコーヒーの味や風味について

トラジャコーヒーの味と風味の特徴なんですが、

コクと濃厚な甘みを楽しむ事が出来る味です。
苦味と酸味は控えめです。風味に関してはクリーミーな香りがします。
(よってどちらかと言えば女性向きのコーヒーかもしれません。)

トラジャコーヒーは日本人にとってはあまり馴染みの薄いコーヒー豆です。
生産地はインドネシアスラウェシ島にある標高1200mのトラジャ高地で育てられています。
年間降水量は3000mmで平均気温は20度前後。昼夜の気温差は15度近くもある過酷な大地ですが、コーヒー豆の生産に非常に適した気候です。

 

 

コーヒーの品種はアラビカ種です。
トラジャコーヒーの歴史は17世紀末にオランダ領時代に始まりました。
一時は第二次世界大戦勃発によって農園は荒廃しましたが、
その後1970年代に入り日本のキーコーヒーの援助によって再興されました。

 

現在はトラジャ地方では農園主たちが無農薬栽培で丁寧にトラジャコーヒーを育てています。
芳醇な香りとクリーミーで濃厚なコクを堪能したいあなたには、トラジャコーヒーは是非ともおすすめしたいコーヒーです。

 

ジャワコーヒー 評価
香り
酸味
渋み
コク
人気度