メキシココーヒー・香り・味・特徴

森のコーヒー

メキシココーヒーの香りや味の特徴

メキシココーヒーの香りや味の特徴をまとめてみました。

メキシココーヒーの香りや味の特徴は、香り豊かでマイルドな味わいです。
(酸味も非常に少ないので非常に飲みやすいと思います。)

メキシコはブラジルやコロンビアに次いでラテンアメリカ地域においてコーヒー栽培が非常に盛んな地域です。
(メキシコのコーヒーの殆どはアメリカへ輸出されています。)

 

メキシコに初めてコーヒーが伝わったのが1795年頃と言われています。
当時メキシコを植民地支配していたスペイン人がアラビカ種orロブスタ種のコーヒーを持ち込んだのが始まりです。

 

その後19世紀頃に農業の機械化が進みメキシコで大規模にコーヒーが栽培されるようになり、現在では世界で7番目のコーヒー豆の一大産地となりました。

 

メキシコにおけるコーヒー豆の生産地は南部に集中しています。
その理由は北部は乾燥地帯で、一方の南部では高温多湿でコーヒー豆の栽培に非常に適した気候だからです。

 

具体的にはオアハカ州、チアパス州、ベラクルス州がメキシコにおける3大コーヒー豆の生産地として名高いです。
特にベラクルス州で生産されるコアテペックコーヒーは、最高級のコーヒーとして世界的に有名です。
(その風味は高貴な香りと味わいがします。)

 

 

メキシココーヒー 評価
香り
酸味
渋み
コク
人気度