ジャワコーヒー・味・香り・特徴

ジャワコーヒーの味や香りの特徴

ジャワコーヒーの味や香りの特徴をまとめてみました。

 

ジャワコーヒーの歴史は17世紀末のオランダ統治時代にオランダからインド産のアラビカ種のコーヒーの苗木がジャワ島に持ち込まれたのが最初です。

 

 

その後本格的にコーヒーの栽培が始まったのは1830年頃からです。
一時はオランダによるインドネシアの植民地経済を代表する輸出品となり大きな収入源になりましたが、
1930年代に起きた恐怖経済によってジャワコーヒーは大きな打撃を受ける事になります。

 

しかし1949年のインドネシア独立後は徐々にコーヒーの生産が回復し始めて、
現在ではジャワコーヒーはジャワ島を代表とする名産品になっています。

 

ジャワコーヒーの味や香りの特徴は、

見た目は非常に濃いがマイルドで渋みも少なく飲みやすいコーヒーです。
香りもコーヒー独特の深い香りを楽しむ事が出来ます。

 

ジャワコーヒー 評価
香り
酸味
渋み
コク
人気度