グアテマラコーヒー・味・風味・特徴

グアテマラコーヒーの味や風味の特徴

グアテマラは中南米有数のコーヒー生産国です。

 

コーヒーの歴史は非常に古く1770年代初頭から生産が始まりました。

 

グアテマラコーヒーが栽培されている南部地方では、
降水量が比較的多く、水はけのよい火山灰土壌の高地になっており、コーヒー豆の栽培に非常に適した環境になっています。

 

 

そしてグアテマラコーヒーの大きな特徴が、栽培方法にあります。
シェード・ツリーと呼ばれるコーヒーの木に直射日光が当たらないように、他の木を一緒に植えて栽培しています。

 

これによって、グアテマラの人口の半分の酸素を供給しているとも言われています。

 

グアテマラコーヒーの等級は7等級に分類されています。
そして1等級の最高の豆は高地1350m以上で栽培された豆と決められています。

 

主なグアテマラの栽培地区は以下の地区になります。

アンティグア地区
アティトラン地区
コバン地区
サン・マルコス地区
ニュー・オリエンテ地区
フライハーネス地区
フエフエテナンゴ地区

 

グアテマラコーヒーの味や風味の大きな特徴は、

フルーティーな酸味と香りが強いのが大きな特徴です。
酸味と香りとコクのバランスがよいので非常に飲みやすく、
他のコーヒー豆との相性もよいのでブレンドコーヒーとしてもよく利用されています。