ブルーマウンテンコーヒー・特徴

ブルーマウンテンコーヒーの特徴

ブルーマウンテンコーヒーの味や香りの特徴をまとめてみました。

 

ブルーマウテンはジャマイカにある標高800m〜1,200mのブルーマウテン山脈の高地で栽培されたコーヒー豆のブランドです。

 

ブルーマウンテン

 

限られた標高でしか栽培されていない為に収穫量も少ない事から、
非常に高価なコーヒー豆で、日本では1kgあたり4,000円〜5,000円前後近くもします。

 

その一方で標高800m以下の山麓で栽培されたコーヒー豆もブルーマウテンと名付けられて海外に輸出されているので、
正真正銘のブルーマウテンのコーヒー豆を手に入れる事は困難な状況です。

 

ちなみにジャマイカで栽培されているコーヒー豆の木は、
ティピカ種が70%近くを占めています。残りの30%はゲイシュ種やカトゥーラ種の交配種になっています。

 

そしてジャマイカで栽培されたブルーマウンテンの95%は日本へ輸出されています。

 

ブルーマウンテンの味や香りの特徴は、

非常に香りが強く口当たりがまろやかでのど越しも豊かなのが特徴的です。
(全体的に日本人の好みにあったバランスのとれた風味に仕上がっています。)

 

キリマンジャロ 評価
香り
酸味
渋み
コク
人気度