森のコーヒー・ペーパードリップ・実践編

森のコーヒー

おいしいコーヒーを入れる為の実践編です。

森のコーヒー豆でペーパードリップ方式でおいしいコーヒーを淹れて飲む為の実践編の紹介です。

 

コーヒー豆を粉砕する。

 

コーヒー豆をマジックブレッドに入れます。
コーヒー豆をマジックブレッドに入れる

 

ゴリゴリ音をたてながら豆を砕いています。
マジックブレッドで砕く

 

砕いた豆はこんな風になりました。粗挽きといった感じでしょうか?
(残念ながらマジックブレッドではここまでしか細かくなりませんでした。)
砕いた豆の粉

 

淹れる前の準備

チェックよりおいしく飲む為に、
@ドリッパーとサーバーとカップを事前に温めておきます。
Aお湯は100度よりも95度が抽出に最適な温度と言われています。

砕いたコーヒー豆の粉をフィルターに入れる

 

1杯分が約10gだそうです。
(よってこの計量スプーン2杯×人数分になります。)
計量スプーンに粉をとる

 

ドリッパーにフィルターをセットします。
フィルターに粉を入れる

 

フィルターにお湯を注ぐ

チェックおいしく飲む為に、
最初にコーヒーの粉全体に湿る程度にお湯全体を注ぎ、
20〜30秒間蒸らします。
こうする事でコーヒーの香りや味が最大限に引き立ちます。

お湯を注ぐ

 

円を描くようにまんべんなく粉全体にお湯を注ぎます。
そして粉が膨張しその後下にがればまたその都度お湯を注ぎます。
抽出中

 

サーバーの抽出目盛りで適量になれば終了です。
森のコーヒーが入ったサーバー

コーヒーかすは、
そのまま捨てずに乾燥をさせて穴を開けた容器にいれておけば消臭剤になったり、
水とまぜて植物に与えれば、植物の栄養や害虫予防にもなります。

コーヒーかすを捨てる

 

森のコーヒーを飲んだ感想です。

 

森のコーヒー

森のコーヒー豆で淹れたコーヒーは
香りがとってもよくて、マイルドな味わいがしましたよ!
(口の中でコーヒーの味を転がしながら楽しめるような味です。)

森のコーヒー

毎朝お店でお金を払って飲む事ができる本格的なコーヒーが、
森のコーヒーを使って淹れ方に少しだけ気をつければあなたも再現する事ができますよ!

 

 

矢印無農薬栽培の貴重な豆だけを使用 【森のコーヒー】お試しセット購入はこちら