日本でコーヒー豆を栽培する事は可能なの?について

森のコーヒー

日本でコーヒー豆を栽培する事は可能なの?

日本でコーヒー豆を栽培する事は可能なのでしょうか?

日本でも小笠原諸島や沖縄県内でコーヒー豆栽培をされておられる方が一部いらっしゃいますが、

 

基本的には日本ではコーヒー豆の栽培に適した環境ではありません。

コーヒー豆の一大産地がブラジルが有名なように、
コーヒー豆の栽培に適した気候や土壌があります。

 

南北両回帰線(北緯25度、南緯25度)周辺

 

まさにブラジルがこのラインに位置しています。

 

年間の降水量が1,700〜2,000mm程度ある

 

ブラジルも熱帯雨林気候の為に、アマゾン川流域では年間2,000mm以上もの降水量があります。

 

火山灰の肥沃な土壌

 

日本でもこの条件を地域によってはクリア出来ているかもしれません。

 

雨季と乾季があり平均気温が25度前後

 

そして品質の高いコーヒー豆を栽培するとなると、
昼と夜の寒暖差があり、
キレイな空気と水のある標高1,500〜2,000mの高地がコーヒー栽培には適していると言われています。

 

こうしてみるとコーヒー豆は、地球上で限られた地域でしか栽培する事が不可能な、
非常にデリケートな農作物である事がわかります。

 

さらに有機栽培のコーヒー豆を生産するとなると、
土はもとよりコーヒー豆の木自体に農薬を使う事ができませんので、
生産者の努力や苦労は計り知れないものがあります。

 

 

矢印無農薬栽培の貴重な豆だけを使用 【森のコーヒー】お試しセット購入はこちら