コーヒー・結腸癌予防・効果

結腸癌予防効果について

コーヒーには結腸癌予防に効果があるという臨床結果があります。

 

40歳〜69歳までの男女10万人を対象に調べた所、

 

結論からのべると、

女性の場合、コーヒーを3杯/1日以上を飲んでいる人は、
飲んでいない人に比べて進行した結腸癌になる危険性が約50%以下である

というデーターが得られました。

 

結腸とは肛門につながる大腸の上の部分になります。

 

しかもこのデーターの興味深い点は、

 

進行した結腸癌」という風にかなり突っ込んだ言葉で表現されている点です。

 

同じように緑茶でもデーターをとってみましたが、
緑茶ではコーヒーのようなデーターが得られなかったという事です。

 

しかしコーヒーのどういった働きによってこの直腸癌の予防に繋がるのか?

 

というのは正直まだはっきりとはわかっていません。

ただコーヒーに含まれるクロロゲンと呼ばれる成分に酸抗酸化作用があり、

 

この成分が結腸癌に対して効果があるのでは?

という見方が今のところ強いようです。

 

ただコーヒーにもカフェインが入っているので飲み過ぎはよろしくありません。
多くても1日2杯程度に抑えるようにしましょう!

 

 

>>有名バリスタが厳選した4種のお試しスペシャルティコーヒー!送料無料