コーヒー・水

森のコーヒー

コーヒーと水の関係

コーヒーと水の関係について紹介します。

 

おいしいコーヒーを淹れて飲む為には、水にもこだわりたいものです。

 

水には大きく分けると「軟水」と「硬水」に分けられます。

 

日本の水は軟水で、ヨーロッパの水は硬水です。
エビアンなどのヨーロッパの水を飲めば、違いは一目瞭然!

 

日本のミネラルウォーターと違って、味に硬さがあります。

 

そして軟水か?硬水か?の基準としては、

WTO(世界保健機関)において、
水に含まれるカルシウムやマグネシウムのイオンの量を炭酸カルシウムに換算し、
水gに含まれる量によって軟水か?硬水か?に定められています。

 

≪基準値≫

水の種類 基準値
軟水 0〜60mg/L未満
硬水 120以上〜180mg/L未満

 

そしてコーヒーを軟水で淹れるか?それとも硬水で淹れるか?
によっても味や風味が大きく変わってきます。

 

≪軟水or硬水比較≫

水の種類 ポイント
軟水 ミネラル成分が少ない まろやかな味
硬水 ミネラル成分が多い 渋みの強い味

 

よって、まろやかな風味を舌で味わいたいのであれば「軟水
硬さや渋みを味わいたいのであれば「硬水
を使ってコーヒーを淹れる事をおすすめ致します。

 

 

矢印無農薬栽培の貴重な豆だけを使用 【森のコーヒー】お試しセット購入はこちら