コーヒー・飲み過ぎ・悪影響

悪影響について

コーヒーを飲みすぎると、
どのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

 

コーヒーに含まれているカフェインには、

リラックス

 

集中力アップ

 

記憶力アップ

 

ダイエット

 

抗癌作用

などの効果があると言われていますが、
飲みすぎると当然体に様々な悪影響を及ぼしてきます。

 

基本的には1日のコーヒーの摂取量の目安としては、
1〜2杯程度が適量です。

 

3杯以上毎日飲んでいると、
カフェイン中毒症状に陥ります。

 

一種のタバコのニコチン中毒と似ており、
カフェインが体内で切れると、

イライラして精神が不安定になって興奮状態になる

 

不眠症

 

動悸・不整脈が起きる

 

顔が紅潮する

 

疲れを感じにくくなる

 

まとまっていない考えや話し方になる

 

頭痛

こういった症状が最後にコーヒーを飲んでから6時間以内にでる方は要注意です!
(コーヒー依存症によるカフェイン中毒に陥っているのかもしれません。)

 

例えどんなに体によいモノでも食べ過ぎ飲みすぎはいけません。
よってコーヒー好きなあなたは、1日1〜2杯程度の適量を守って楽しいコーヒー生活を満喫して行きましょう!

 

 

>>有名バリスタが厳選した4種のお試しスペシャルティコーヒー!送料無料